JR障害者割引の概要とSuica・新幹線の割引適用・購入方法

JR障害者割引(JR各社共通)障害者割引
スポンサーリンク

障がい者手帳を見ると等級のほかに1種2種の表記がありませんか?
それが在来線や新幹線で障害者割引の運賃(料金)を決める区分です。

こちらでは、JRグループの割引規定(条件)を確認しながら乗車券の購入方法やICカード(Suica/ICOCAなど)利用時の乗車方法。

新幹線のネット予約時に障害者割引を適用する方法、キャンセルの仕方についてご案内します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JRの障害者割引

対 象
身体障がい者、知的障がい者、介助者。
精神障がい者向けの割引は現在実施されていません。

証明書類
身体障がい者手帳
療育手帳(愛の手帳)は地域により、呼び方が違うこともあります。

障害者割引運賃(料金)の規定

対 象割引対象乗車券類割引率記事
第1種障害者とその介護者普通乗車券
回数乗車券
普通急行券
50%私鉄等他鉄道会社線とまたがる場合を含みます。
但し回数乗車券はJR線区間単独の発売となります。
第1種障害者とその介護者
又は12歳未満の障害者とその介護者
定期乗車券
(小児定期乗車券を除きます。)
50%私鉄等他鉄道会社線とまたがる場合を含みます。
小児定期旅客運賃については割引を適用しません。
第1種、第2種障害者が
単独でご利用になる場合
普通乗車券50%片道の営業キロが100キロを超える場合
(私鉄線等他鉄道会社線にまたがる場合を含みます。)

上記の1種2種は旧国鉄時代に障害者運賃(料金)の割引規定を改定した1952年に導入されました。

JRグループ、正式には日本旅客鉄道に属する、北海道旅客鉄道・東日本旅客鉄道・東海旅客鉄道・西日本旅客鉄道・四国旅客鉄道・九州旅客鉄道の6社共通の規定、条件です。

障害者割引での買い方・購入方法

JR各社の共通した買い方、購入の仕方の原則は出発する乗車駅から降車する到着駅までのきっぷ(乗車券)を、みどりの窓口で購入します。

みどりの窓口

  • 持参するもの
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳(愛の手帳)

障害者割引で乗車券、定期券を購入するには、障がい者本人が身体障害者手帳、療育手帳(愛の手帳)を持参、購入することになります。

100kmまで
1種の障がい者に介助者が同行して移動するときは距離に関係なく本人と介助者それぞれの運賃が半額になります。

100km以上
移動距離が100km以上になると1種2種いづれの障がい者が単独乗車でも運賃が半額になります。

みどりの窓口のない駅
または無人駅の場合。

対象者が大人なら新幹線の特急券も買える自動販売機で目的の駅までの小児運賃できっぷを購入。

割引乗車券の代用として係員のいる改札で障がい者手帳を提示、乗車するという特定対応ができます。

無人駅からの乗車では、降車駅で提示します。

注意点
自動券売機で小児運賃のきっぷを購入して割引乗車券の代用をするのは特例です。

乗車前の準備と乗車方法

在来線、新幹線に乗車する方法は基本的に変わりはありません。

ただ、障がい者手帳を常に携帯して乗務員さんや駅員さんに提示を求めらえたときに対応できるようにしておきましょう。

車いすで移動されるなら事前に電話で乗車駅に到着時刻と出発時間を伝えておきます。ホームまでの移動に車椅子昇降機、リフトなど駅員さんが同行、準備しなければ対応できない駅もあるためです。

出発時間が迫っている時
余裕をもって駅に到着したのに、みどりの窓口がトラブルで大混雑。車いすなど駅設備の対応を考慮して逆算すると出発時間が心配なときは、駅員さんに状況を伝え、指示に従ってください。

Suica(スイカ)・Suica定期券

Suica(スイカ)
Suicaを利用して入場・乗車するときは自動改札機にタッチ。

目的地の降車駅で出場する際に駅係員のいる改札で手帳を提示すれば、チャージ残額から割引運賃(料金)で支払えます。

自動改札をそのまま通り抜けた場合、Suicaから正規料金が引かれます。

Suica定期券の場合
窓口に障がい者手帳を持参して必要な情報を登録しているため入場も退場もタッチで大丈夫です。

モバイルSuicaの場合、処理のためスマホを駅員に渡す必要があります。

2019年10月1日以降、JR東日本の共通ポイントサービス「JRE POINT」に登録することでSuica・モバイルSuicaなどで乗車した際の運賃に応じてポイントが付与されます。

モバイルSuicaカード式Suica
50円につき
1ポイントの還元
200円につき
1ポイントの還元
1ポイント1円相当

買物についてはモバイルSuica、カード式Suicaどちらも同率ですが、付与されるポイントは1~5ポイントで店舗によってことなります。

障害者割引と併用できますから、お得ですね。

モバイルSuicaはクレジットカード登録が必要ですが、EASYモバイルSuicaであればクレジット登録の必要なく利用ができます。

定期券、Suicaグリーン券、モバイルSuica特急券など、EASYモバイルSuicaでは購入できないものがあります。

ICOCA(イコカ)・ICOCA定期券

ICOCA(イコカ)
JR西日本の交通系ICカード、ICOCAは降車駅での後引きは対応していません。みどりの窓口で割引きっぷを購入します。

ICOCA定期券の場合
窓口に障がい者手帳を持参して必要な情報を登録しているため入場も退場もタッチで大丈夫です。

ICOCAでも鉄道乗車に対してポイント還元があり、1ヶ月に同一運賃区間の11回目以降の利用ごとに運賃の10%のポイントが貯まるものや時間帯指定ポイントなどがあり、障害者割引との併用が可能。

交通系ICカードは注意が必要

SuicaやICOCAで乗車ルール、対応の違いがあるようにJR各社で異なりますが、単独乗車、介助者同行の基本規定は変わりません。

利用時には事前にご確認ください。

車いす乗車時の注意点

乗車駅から降車駅まで乗り換えが必要なときは、切符を購入する前に実際に乗降する現地の駅(JR・私鉄)ににつながる電話番号がある際は乗車ルート、最終的に降車駅へ到着したい時刻、手動式なのか電動なのかを伝えて、アドバイスをもらいながら余裕を持ったスケジュールを組むようにします。

仮に乗車する駅、降車する駅、乗り換える駅が埼京線から中央線、山手線から東海道新幹線など同じJRでもお客様センター・問い合わせセンターでは現地事情まで把握できていません。

平日と休日での混雑ぐわい、駅構内の移動にかかる所要時間も駅ごとに違いますから効率よくスムーズに移動するためには事前確認が大切です。

新幹線の障害者割引

東京から熱海や大阪、仙台から名古屋、福岡から熊本など長距離になると、一般的に在来線よりも新幹線を利用します。

乗車駅や目的地によってJR東海の東海道新幹線、JR西日本の山陽新幹線、JR東日本の東北新幹線など、さまざまです。

しかし、基本的な障害者割引の適用条件や割引率はJR各社共通です。

乗り換え検索で障害者割引後の料金(運賃)の目安を計算するには乗車券の価格から50%引きます。

基本的な新幹線の運賃内訳

普通乗車券
特急券

新幹線のきっぷは乗車券と特急券の2枚1組です。

指定席を利用するなら指定席券を購入します。

注意点
割引対象は普通乗車券だけです。

乗り換え検索
旅行の予算を計算する際、仮に半額割引対象者でも乗車駅から降車駅までの合計金額の半額ではありませんので重ねて注意してくださいね!

割引対象

身体障がい者手帳
療育手帳(愛の手帳)
1種区分の本人と介助者。または1種・2種の単独乗車で100km超の乗車の場合。

精神障がい者手帳での割引は今のところ新幹線のほか在来線でも未実施です。

新幹線のネット予約

旅行や帰省のとき、新幹線のチケットはJR東日本「えきねっと」JR西日本「e5489」JR東海「エクスプレス予約」など、インターネットで予約される人も少なくありません。

結論として、障害者割引を利用する場合でも予約できます

えきねっと
指定席を予約。

エクスプレス予約
e特急券で特急券だけを予約。

e5489
車内車椅子でない場合には可能。

車椅子ユーザーの場合
2020年5月11日からJR東海・西日本・東日本・北海道・九州で「車いす対応座席WEB予約」のサービスが提供されました。
※クレジットカードの登録は不要。

座席に移乗できるなら「車いす対応座席」、移乗が困難なら「多目的室(個室)」と身体状況の違いもありますので「新幹線の車椅子対応席や多目的室の予約方法・購入方法のまとめ」で詳しくご案内しています。

特急券は割引かない
乗車券は半額になりますが、特急券や指定席券は正規料金で購入になります。

そのため、スマートEXなど乗車券と特急券がセットになったものは対象になりません。

キャンセル・取り消し・払戻し

予定していた旅行が体調不良や自然災害などによて中止するしかないとき、キャンセル、取り消しが必要になりますよね。

前々日までのキャンセルなら1席330円で払い戻しが可能です。

前日または当日の取り消しは指定席券の30%(ただし最低1席330円の料金)

えきねっと
払い戻しは乗車当日、出発時刻6分前まで、かつ22時54分まで対応。

おでかけねっと
(エクスプレス予約)
払い戻しの受付時間は5時30分~23時30分までの間で対応。

ネット予約したときの受け取り

障害者手帳を提示しなければ、障害者割引運賃で切符(乗車券)を購入することが出来ません。

乗車当日または事前に駅窓口にて「障がい者手帳とクレジットカード」を持参して受け取れば、障害者割引運賃で購入ができます。※車いす対応WEBから申し込みの場合、クレジットカードは不要。

クレジットカード
JR東日本のえきねっと、JR西日本のおでかけネットなど事前予約には利用登録が必要になります。

乗車券や特急券など切符購入代金の支払いは登録されたクレジットカードから引き落とされます。

整理とまとめ

  • JRグループの障害者割引は身体障がい者手帳・知的障がい者手帳の提示が必要。
  • 1種・2種で運賃の割引率が違い、また本人のみ、介助者も適用の有無がある。
  • 割引の適応は乗車券のみ、特急券や指定席券は対象外。
  • SuicaやICOCAなど交通系ICカードでの乗車方法はJR各社で違いがあるようで注意が必要。
  • 新幹線のネット予約でも障害者割引の対象。
  • 2020年5月11日から車椅子対応席のネット・WEB予約が可能になった。

JRグループでは在来線や新幹線駅のバリアフリー、多目的トイレなどの整備に取り組んでいただいてます。

しかし、ホームまでの移動で車椅子昇降機、リフトなど駅員さんが同行、準備しなければ対応できない駅もあります。

想定外に時間を要することがあります。時間が押していると、思わず駅員さんを急がせたり、介助に慣れてないからだ!なんて声を荒げてしまう人がいます。

それは同じ車いすを利用する立場からしても、悲しいので駅や鉄道を楽しく利用するためにも余裕をもって予定を組んでください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
障害者割引
satoshiをフォローする
記事は参考になったでしょうか?
良かったら、いいね!してあげて下さい。
最新情報をお届けします。
誰かのために役立てば。

コメント